40代の転職

40歳を超えているからと転職・再就職を諦めていませんか?

40歳を超えてからの転職、再就職って不安ですよね。ハローワークに行くと余計に不安になります。40代の自分を雇ってくれる企業はあるのか?ちゃんと仕事を覚えれるのか?資格は持っていたほうがいい?転職の不安や悩みに対してアドバイスしてくれる転職エージェントや人材紹介会社を活用していきましょう!

40代からの転職をバックアップ!おすすめ項目一覧

「転職情報」のお勧め情報
転職情報 転職の理由がヘッドハンティングや家業の跡継ぎ、就職先が決まってて尚且つステップアップの為の退職というのはとても幸せなことで、仕事に対してよりヤル気の出る前向きな再出発と言える ・・・詳細はコチラ
ハローワークについて
ハローワーク 「ハローワーク」ご存知ですね!就職活動のための公的な支援センターになります。職業安定法に基づいて設置され国が運営しています。以前は公共職業安定所と呼ばれ各市町村にありました ・・・詳細はコチラ
人材銀行について
人材銀行 人材銀行は俗に言う人材バンクです。実は厚生労働省の機関で主に就職先紹介を行う機関。ハローワークの付属施設になります。ハローワークとの明確な違いは対象が決められていることです。 ・・・詳細はコチラ
転職サイトについて
転職サイト ハローワークもインターネットで利用できますが、それとは別にインターネット上では、転職情報を色々と発信してるサイトが数多くあります「転職サイト」と言われほとんどが民間の企業により ・・・詳細はコチラ
転職情報誌について
転職情報誌 転職・再就職の情報源と言えば求人誌になりますが、有料の専門雑誌や、無料の雑誌、新聞などに掲載されている求人広告など、資料として手元に入手できる情報源は、やはりたくさんあります! ・・・詳細はコチラ

DODA転職エージェントを活用して40歳からの転職

Q1.なぜ、転職しようと思いましたか?

A1.前職の業界の閉塞感や会社の業績悪化による将来への不安、職場環境の悪化、上司・先輩社員との思想・思考の隔たり、勿論給与面での不満もありましたが、もともと私は東京本社採用~名古屋支店異動~東京本社異動を経験しました。

最初の名古屋支店への異動の際に、経費削減の名目でそれまでの異動者と余りにもかけはなれた条件での異動に非常に憤りを感じていました。(それを受けてその後異動時の社内規定が明確に定められた程でした)

そして、再度東京本社への異動の際には、社長自らの指名での異動と言う事で、会社側からそれなりの条件も提示されていましたが、実際にはそれらの条件は守られる事が無かった事で、会社とその経営陣への不信感が強まった事が最大の要因だっと思います。

Q2.転職をしたときの年齢と性別をお答えください

A2.転職活動を開始した当時は40歳でした。転職活動が終了した時点では41歳でした。性別は男性です。

Q3.転職活動で転職サイトや転職エージェントを活用しましたか?

A3.『DODA』(インテリジェンス)に登録をしエージェントも利用しました。担当エージェントは、最初の面談時からこちらの現状(業種・業態、年収、家族構成や転職理由)、今後のキャリア、将来像(希望職種、希望年収、希望条件)等を細かくヒヤリングしてくれます。

また、履歴書や職務経歴書の書き方や言葉の選択、文章校正等のアドバイスも貰えます。お陰で殆んどの企業で書類選考は通過する事が出来ました。

更に、面接の前には姿勢や目線、話し方や話す速さ、返答時のコツや自分自身の癖などもアドバイスをくれますので、しっかりと準備をして面接に臨む事が出来ます

それでも不安がある方は面接対策専門の説明会やセミナーも開催していますし、各業界の専門エージェントによる説明会やセミナーでは、応募先の業界の最新情報や動向、応募企業の規模感や業界内での市場規模や今後の企業動向、製品やサービスの特徴やポイント等々を分り易く丁寧に解説してくれますし、こちらからの質問にも親切に対応してくれますので、本当に心強かったです。

更には、応募企業の面接の傾向や返答のポイントや、面接担当官の人となりや好む返答の内容や傾向など非常に踏み込んだ情報を貰える事も多々あり実際に非常に助けられて事も多かったです。

エージェントは他に『リクルートエージェント』にも登録をして面談もしましたが、タイミングが悪くDODAの応募案件の進捗の関係で結局一度も応募出来なかったのでサポートサービス終了になってしまいました。

こちらも非常に丁寧に対応して下さいましたし、こちらの現状を常に気にして他社での応募にもかかわらずアドバイスを頂いたり一部、資料まで頂けたりで本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

転職サイトは『リクナビNEXT』に登録をしていましたが、こちらは求人情報を検索して内容を見る程度で、こちらのサイトから応募する事はありませんでした。

Q4.転職してよかったことがあれば教えてください

A4.今までと全く違う新しい職場環境で働ける事、給与がアップした事、人間関係から解放された、休日が増えたなど人それぞれだと思いますが、私の場合は、やはり年収がアップした事と信頼出来る上司のいる職場で働けている事は充実感を感じます。

また、年間休日は大幅に減りましたが、長期出張・長距離出張が無くなった事で、家族と過ごす時間が増え、その時間を大切に過ごせているので仕事にもメリハリが出てやりがいにも繋がっていると思います。

また、新しい人間関係ができ人生が更に豊かになったようにも感じます。

Q5.転職活動でつらいと思ったことがあればお書きください

A5.やはり1番つらいのは精神的な部分ではないでしょうか。 なかなか理想の求人なんて見つかりませんし、応募する際にも『本当にこの会社良いのだろうか?』と言う思いは必ずありますし面接までは行けるのになかなか採用されない時期も必ずやってきます。

そんな時に色々な思いを1人で背負うのは結構つらいものでした。

ただ、ある時、今こういう会社のこういう職種に応募しているとか、イツ、何処で、面接だとか、面接の内容はどうだったとか 現在の転職活動の状況を妻に話す事で、妻も現状を理解し情報を共有する事で、応援もしてくれましたし、非常に心が楽になり 助けられたと思います。

Q6.転職活動にかけた費用や時間について教えてください

A6.転職活動にかかった費用は、エージェント訪問時の交通費、応募先企業への面接他訪問時の交通費が総額で数千円程度、転職関連の書籍の購入に数千円程度、他には、シャツや靴下等を新調したので小物類が総額数千円程度、エージェント利用に費用はかかりませんので、あらゆるサービスを受けても実質王府君お交通費のみです。

幸い、私は普段スーツを着用しての業務でしたので転職活動用に新たにスーツを新調する事はしませんでしたが、スーツや靴、鞄等まで揃えるとなるとその分まで負担になってしまいますね

転職活動を初めてから就職先が決定するまでに要した時間ですが、私の場合は約8ヶ月でした。

この期間には、理想を求めすぎて希望の条件に合致する求人に巡り合えなかったり、前職の仕事の関係でなかなか応募できなかった時期や、合否の結果がなかなか出ずに次の行動に移れずにいた時期、担当エージェントの交代で引継ぎに要した時間も含んでいます。

面接は説明会に参加しない日は、朝、出社前と帰宅後にサイト内で求人情報をチェックする作業と、必要であれば履歴書や履歴書用写真の準備程度でした。

Q7.最後にこれから転職活動をするかどうか悩んでいる方へのメッセージ

A7.転職をお考えの時点で、人生中でもそれなりの決断をされるのだと思います。実際に職場は長く勤めれば勤める程なかなか辞め辛いものかもしれません、しかし、転職は自分自身で未来を切り開くチャンスです。

もし、転職の際に強力なコネクションや友人。知人がいらっしゃらないのであれば、転職エージェントを利用する事をおすすめしたいです。

転職のプロがあなたの転職を全力でサポートしてくれます。

実際に転職するか迷っている方でも、一度サイトに登録してみてください、転職活動自体が非常に勉強になりますし、色々な業界や企業の情報を知る事が出来ます。いつもの職場でいつものように過ごしていたら絶対に居る事の無い世界を覗いてみるのも面白かもしれませんよ。

みんなの転職・再就職の体験談

再就職に8ヶ月もかかりました

"私は今から8年前に転職しました。 その時が2度目の転職でしたが、それまで行ってきた職務経歴にさまざまな事項を書かねばならなかったため、なるべく端的にまとめる作業がとても大変でした。 職務経歴書に関しては、本を一冊購入して、書き方を学びましたが、それでもわからないところや疑問に思うところなどは、転職サイトのスタッフの方に、電話でコツを聞いていました。 私はそれまで勤めていた広告業界に魅力がなくなったため転職したのですが、広告の仕事自体は天職と思えるほど好きだったので、一般企業内での広告制作業務を中心に探していました。 しかし、私が住んでいるのはある地方都市です。なかなかそうした仕事がなく、仕事選び自体に四苦八苦していました。 当時、妻は妊娠中で、初めて産まれる我が子を思うだけでも不安なのに、日中ほとんど家にいる旦那である私を見て、何度も泣いていました。 そうした現状に焦り、行きたくもない業種の面接を受けたりもしましたが、やはり不合格でした。 結局、再就職するまでに8ヶ月も要してしまいましたが、今の仕事は、これまでのどの仕事よりも気に入っています。 "

いま不景気の影響から40代どころか30代の転職先も見つかりにくい状態みたいです。40を超えていても、薬剤師の転職先ならカンタンに見つかるんですけどね・・・。

ちなみに医療事務の資格を持っているのですが、なかなか再就職先が見つかりません。医療現場の仕事なんて沢山ありそうなのに(^^;

ミーハー動機と非常識面接官

"新卒での就職活動スタート時は仕事に対してまだ明確なビジョンもなく、憧れと興味だけで動いていました。その中の一つがファッション業界だったのですが、何が何でものファッション業界ではなく、営業や総務等、内側からの関わりを求めていました。そんなミーハー気分で動いていた頃、パリコレ等にも参加している某有名ブランドが、営業や販売職等、複数職種での募集をしていたので、営業職での面接を受けて見る事にしました。 しかし、どうしてもそのブランドが好きで働きたいというよりは、好きなブランドの一つ程度の熱意だったので、志望動機や店舗研究が甘かったんですよね…。面接時の服装(そのブランドの洋服は身につけていませんでした)や新規オープンした路面店に実際に行っていない事等々、散々突っ込まれてしまいました。それは仕方ないのですが、これまた面接官の態度がかなり悪かったんです。面接にも関わらず腕組みor膝をつきながらの姿勢での質疑応答はまだ我慢できましたが、極めつけは終止煙草を吸いながらなのは辟易しました。結果不採用ではありましたが、ブランド信者でなければ我慢できないであろう職場環境を思うと、ご縁がなくてよかったと本当に思います。"

転職・就職のコツ
40代の転職
転職の理由を見つめる。
転職に向けてのスタート
より良い転職に体力は不可欠
自分だけの特徴を持って挑む
コレは譲れない!転職の条件
労働力調査を知ってますか?
転職に役立つホームページ紹介
転職の理由を考える
不満と不安
職場の体制と人間関係
リストラそして倒産は突然です
Uターン就職とは
退職の種類について
退職の種類について
自己都合退職とは
勧奨退職とは
定年退職とは
解雇(クビ)とは
解雇について
解雇は絶対!?
リストラを他人事と考えない
弁護士への依頼
会社の倒産ですべきこと
転職前に必要な知識と準備
年金と健康保険について
有給休暇を確認しましょう
失業保険について
退職しても税金は・・・
雇用保険について
社内公用語?
職場でよくあるトラブル
部署よって全然違うっ!!
適材適所な課長
寒いんです。寒いことに不満です。
空調が全然きかない職場
事務をほとんど一人でさせられています
嫌な仕事を誰がするのか
職場のトラブルについて
仕事とプライベートの付き合いについて
仲の悪いふたり
スーパーだからこそ色々お金がかかります
仕事後は1人で行動したい
上司は先生
新人シャンプー
常に部下を持つという環境に気づかず過ごしてきました
良い転職には良い情報
「転職情報」のお勧め情報
ハローワークについて
人材銀行について
転職サイトについて
転職情報誌について
転職・再就職が見つかりやすくなるコツ!
アルバイトの探し方
面白かったアルバイト
大学の試験官のバイト
幼稚園教諭
資格の好循環
人生に磨きをかけるために秘書検定を受験
リンク集
ビジネスリンク1
ビジネスリンク2
ビジネスリンク3
お役立ち
看護師さんはすごいと思ったことについて
景気回復が実感できないのに消費税が上がりそう
クレームの対応の仕事をしています
二度の希望退職
何がネックで転職するのか考えると、次の転職が見つかると思います。
良いことばかりではない
宅建主任資格を持っていますが一度も使えないままです
宅地建物取引主任者を取れと言われて取ったが……
フォークリフトの資格
小さな頃になりたかった職業
平日が休みである良い事と悲しい事
Copyright © 2008-2012 40代からの転職・再就職ガイド. All rights reserved